4月24日(谷口輝子聖姉十七年祭ーー藤棚の家にて早朝神想観・聖経読誦)

神戸に引っ越して来て、初めてですが、四月二十四日朝“藤棚の家”にて、一人で神想観・聖経『甘露の法雨』読誦をさせていただきました。
此の地の此処で、この家にて生長の家の御教えは発祥されました。お庭には藤の花が咲いています。限りなく美しい藤の花です。
この“藤棚の家”が生長の家の御教えの発祥の家です。「発祥道場」とも称されています。この家は10年前の阪神・淡路大震災の折りにも、くずれることもなく厳然と立っていました。この家のこの部屋で、谷口雅春大聖師は谷口輝子聖姉・恵美子お嬢様と共に、此処で生長の家の御教えを発進されました。75年前の昭和5年です。
感無量です。私は何か今、天界を游泳しているような感に打たれています。不可思議な幸福感です。

今日は谷口輝子聖姉さまの十七年祭が総本山にて執り行われる日です。これに合わせて神戸の教化部にても十七年祭を執り行わせていただきました。参列者一同は輝子聖姉さまの御生前を偲び奉り、感謝と感動の十七年祭でした。